ホーム > NEWS > 【Movies】グリーンマイル 短すぎるあるいは長すぎるグリーンマイル

Happy Ending 劇場

【Movies】グリーンマイル 短すぎるあるいは長すぎるグリーンマイル

2019.10.28

老人ホームの娯楽室で放映された映画 ”TOP HAT” を見て、涙して自ら処刑したジョン・コーフィーを思いだすポール(トム・ハンクス)。

大恐慌時代に刑務所の死刑囚の収容棟の看守だったポールは老人ホームにいる今、その回想録(映画には出ていない)をしたためていて、それが完成に近づいていました。
死刑囚の独房から電気椅子のある部屋まで通じるラストマイルがタイトルのグリーンマイル。
しかし、グリーンマイルは決して死刑囚のものだけではなく、私たちのグリーンマイルでもあるのです。
トム・ハンクス主演、3時間があっという間の”グリーンマイル”!


死刑囚を収容する刑務所で起こる不思議な出来事の数々。しかし、すべてが生と死に関連していたのです。

・ジョンが殺人罪を問われた少女ふたりの強姦殺人
・ポールの尿路感染症と回復
・刑務所所長ハルの妻メリンダの脳腫瘍と回復
・パーシーに踏み潰されたねずみミスター・ジングルスの死と復活
・死ねないミスタージングルスとポール

ジョン・コーフィーから不思議な力を与えられたポールとねずみのミスター・ジングルスは死ねませんでした。
ポールは老人ホームで104歳。妻を見送るだけでなく、子まで先に見送ることになったのです。人の死を次々と見送るポール…

無実の罪を着せられた神からの贈りものを殺した罰だと彼は言うのですが、
彼にとっては長すぎるグリーンマイルなのです。

ジョン・コーフィーが死刑の前日ポールとともに映画館で見た ”TOP HAT”
ジンジャー・ロジャースが謳う”HEVEN”は余命わずかの人間にはどのように聞こえるのでしょう。
まだ長いグリーンマイルを残しているポールの涙は何を意味したのか...ただ当時を思いだしただけではないと思われるのです。

さて、私たちのグリーンマイルはあとどのくらい続くのでしょう...

<ミュージカル”TOP HAT”>


<Happy Ending カード NO.H-3>